小国和紙・八石山・棚田の米どころ!新潟県長岡市小国町のホームページです。

よっていがんかいの~お茶でもなじょらい
小国和紙・八石山・棚田の米どころ!新潟県長岡市小国町のホームページです。
≫小国とは ≫歴史資料館 ≫お店紹介 ≫イベント広場
≫観光SPOT ≫小国のごっつぉ ≫小国町名人マップ
  • お店紹介
  • 歴史資料館
  • 観光SPOT
もちひとまつり・おぐに大花火大会

8月23日(日曜日)、JA柏崎小国支店カントリーエレベータ前特設会場において「もちひとまつり・おぐに大花火大会」が開催されます。このまつりは、柿花 仄(かきはな ほのか)著『皇子逃亡伝説』という本がきっかけで平成14年に始まり、今年で14回目となります。この皇子とは、平安時代末期の1180年、平清盛らによる平家独裁体制を打倒せよと呼びかけて立ち上がったが、クーデターに失敗して平家の追っ手の弓矢を受けて非業の死を遂げたとされる、後白河上皇の第三皇子以仁王(もちひとおう)のことです。『平家物語』では以仁王は興福寺に向かう途中、奈良光明山で流れ矢に当たってあえなく戦死したことになっていますが、実は平家の追っ手を逃れて共の者と一緒に苦難の逃避行の末に安住の地にたどり着いたのだ、という説が伝わっています。これがいわゆる以仁王逃亡伝説です。そして以仁王の逃亡先となったのが、「小国」です。この伝説を脚色した小国歴史ロマンを平安行列で表現しているまつりです。

当日は、平安行列の他にも楽しいステージイベント・伝統芸能の公演や美味しい屋台村、まつり山車の地域内巡回、神輿渡御(みこしとぎょ)などが実施されます。今年は、合併10周年記念イベントとして、与板手づくり甲冑隊の時代行列パフォーマンスやミ・アモーレプロジェクトで4名の任命アーティストによる「故郷はひとつ」の歌唱も披露されます。また同日の午後7時30分より打ち上げが開始される「おぐに大花火大会」では、花火打ち上げ場所がまつり会場に近いため特設会場400畳の桟敷席からは迫力満点の約800発の花火が観賞できます。詳しくは、「もちひとまつりパンフ(PDF:3305kB)」をご覧ください。

新潟県長岡市小国町法坂793番地 小国観光協会よっていがんかい(長岡市小国支所2階)
TEL・FAX: 0258-95-5505 MAIL:ogn_kankoukyoukai@yahoo.co.jp